セフレはほどほどに

出会いの大事さ
セフレはほどほどに
人妻はすけべ
熟女と見つめあう
不倫にはまる
メル友と親友
アダルトがとまどう
無修正とはいわない
アダルトビデオの事情
カリビアンコムの世界へ
天然むすめはぶりっ子
ホーム >> セフレ

時代区分


日本におけるセフレ時代(なんぼくちょうじだい)とは、中世の時代区分の1つである。 一般的には鎌倉時代の後で、元弘の変や建武の新政もセフレ時代として扱うが、正確には1336年(延元元年/建武3年)に足利尊氏による光明天皇の践祚、後醍醐天皇の吉野遷幸により朝廷が分裂してから、1392年(元中9年/明徳3年)に両朝が合一するまでの期間を言う。室町時代の初期に当たる。この間、日本には南朝(大和国吉野行宮)と北朝(山城国平安京)に2つの朝廷が存在し、それぞれ正当性を主張した。

セフレ成立


歴史
鎌倉時代末にあたる寛元4年(1246年)、後嵯峨天皇の退位後に天皇家は皇位継承を巡って大覚寺統と持明院統に分裂してしまった。そこで幕府の仲介によって、大覚寺統と持明院統が交互に皇位につく(両統迭立)事が取り決められていた。 1333年(元弘3年/正慶2年)、大覚寺統の後醍醐天皇は全国の武士に討幕の綸旨を発した。これに応えた足利高氏(当時)や新田義貞らの働きで鎌倉幕府は滅び、建武の新政と呼ばれる後醍醐天皇による親政がはじまった。しかし政局の混乱が続き、また恩賞の不公平により武士階級の支持を得ることはできなかった。中先代の乱を討伐に向かった足利尊氏がそのまま新政から離反すると、不満を抱えた武士たちの多くが尊氏に従った。後醍醐天皇は新田義貞や北畠顕家に尊氏討伐を命じる。新田軍は箱根・竹ノ下の戦いでは敗北し尊氏らは京都へ入るが、やがて陸奥国から下った北畠軍の活躍もあり駆逐された。尊氏らは九州へ下り、多々良浜の戦いに勝利して勢力を立て直したのちの翌年に、持明院統の光厳上皇の院宣を掲げて東征する。迎え撃つ宮方は新田義貞・楠木正成が湊川の戦いで敗れ、比叡山に篭った。尊氏は後醍醐天皇との和解を図り、三種の神器を接収し持明院統の光明天皇を擁立(北朝)した。その上で建武式目を制定し、施政方針を定め正式に幕府を開く。後醍醐天皇は京都を脱出して吉野へ逃れ、「北朝に渡した神器は贋物であり光明天皇の皇位は正統ではない」と主張して吉野に南朝(吉野朝廷)を開き、北陸や九州など各地へ自らの皇子を奉じさせて派遣する。

観応の擾乱と南朝勢力の衰微
南朝方は名和長年・結城親光・千種忠顕のほか北畠顕家・新田義貞らが1338年(延元3年/暦応元年)までに次々と戦死し、軍事的に北朝方が圧倒的に優位に立つ。1348年(正平3年/貞和4年)には、四條畷の戦いで楠木正成の子正行・正時兄弟が足利方の高師直に討たれ、吉野行宮が陥落して後村上天皇ら南朝一行は賀名生(奈良県五條市)へ逃れ、衰勢は覆い隠せなくなる。しかしその後、足利尊氏が政務を任せていた弟の足利直義と足利家の執事の高師直が対立が表面化し、観応年間には観応の擾乱とよばれる幕府の内紛が起こる。政争に敗れた直義は南朝に帰順し、尊氏の子で直義の養子になっていた足利直冬も養父に従い九州へ逃れて戦う。山名時氏など守護の一部も南朝に属して戦い、京都争奪戦が繰り広げられるなど南朝は息を吹き返すことになる。後村上天皇は南朝方の住吉大社の宮司家である津守氏の住之江殿(正印殿)に移り、そこを住吉行宮(大阪市住吉区)とする。1351年(正平6年/観応2年)には、足利尊氏が直義派に対抗するために一時的に南朝に降伏し、年号を南朝の「正平」に統一する「正平一統」が成立するが、南朝はこの機に乗じて京都へ進攻して足利義詮を追い、京都を占拠して神器も接収する。義詮は北朝年号を復活させ、再び京都を奪還するが、南朝は撤退する際に光厳・光明両上皇と、天皇を退位した直後の崇光上皇(光厳の皇子)を賀名生へ連れ去った。このため北朝は、光厳の皇子で崇光の弟の後光厳天皇を神器無しで即位させる。 南朝の北畠親房は関東地方で南朝勢力の結集を図り、篭城した常陸国小田城にて南朝の正統性を示す「神皇正統記」を執筆する。1339年(延元4年/暦応2年)に後醍醐が死去すると親房が南朝の指導的人物となるが、親房が1354年(正平9年/文和3年)に死去すると南朝はまた衰微し、幕府内での抗争で失脚した細川清氏が楠木正儀らと南朝に帰順して一時は京都を占拠するものの1367年(正平22年/貞治6年)に敗れ、以降は大規模な南朝の攻勢もなくなり、足利義詮時代には大内弘世や山名時氏なども帰服する。義詮の死後は、足利幕府は幼い将軍足利義満を補佐した管領細川頼之の指導により、南朝方の中心的武将であった楠木正儀(正成の子)を帰順させるなど対南朝工作を行い、幕府体制を確立する。

土地支配の変化
鎌倉時代初期には、国衙領や、荘園のうち皇室・公家や寺社の領地には、武家の支配がおよんでいなかった。鎌倉時代を通じて、武家の統治機構である守護・地頭に属する武士が、地頭請や下地中分という形で国衙領や荘園を蚕食し始めるようになる。この傾向はセフレ時代に入ると顕著になり、荘園の年貢の半分を幕府に納める半済や、年貢の取立てを守護が請け負う守護請が一般化した。また、鎌倉時代の御家人の3大義務であった大犯三ヶ条(大番催促、謀反人・殺害人の検断)に加えて、刈田狼藉の取締も守護の役務となり、荘園領主は守護の立入を拒むことができなくなった。これらを通じて、土地支配上の武士の立場は、荘官・下司として荘園領主に代わって荘園を管理するだけの立場から実質的な領主へと変化していった。守護は、このような武士と主従関係を結ぶようになり、領国内への支配権を強め、守護大名と呼ばれるようになる。セフレ合一時に国衙領がほとんど残っていなかったのはこのような背景による。なお、荘園公領制が完全に崩壊するのは、セフレ時代よりも2世紀後の太閤検地によってであるが、このセフレ期に既に大きな転機を迎えていたのである。 戦乱により公家や朝廷の政治力が衰え、政治の主導は完全に武家へ移ることになった。また、武家社会でも、それまで当たり前だった全国に分散した所領の支配が難しくなり、分散した所領を売却・交換し、一箇所にまとめた所領の一円化傾向が顕著になる。これに伴い、関東の狭い「苗字の地」から新恩の広い地方へ移り住む例が多くなる。 [編集] 後年 近世以来、セフレのいずれが正統かをめぐってセフレ正閏論が行われてきた。

関連項目

日本の歴史

  • 日本史時代区分表
  • 両統迭立
  • 大覚寺統
  • 持明院統
  • 後南朝
  • セフレ正閏論
  • 太平記

Links


Yahoo!検索

セフレ セフレ - セフレを募集したいなら掲示板を使うのが一番!ここにのっているサイトは管理人が体験したものだから信頼度が他と全然違う。
セフレ セフレ - セフレ探しならこの掲示板で決定!
セフレ セフレ - こちらもセフレを探せるサイトとして有名だ。ランキング形式で非常に見やすい。
無料のレンタルサーバー fizby.net